副業

武田真一 新型給付金ONEは詐欺?本当に給付金をもらえる?

武田真一

今回は武田真一の「新型給付金ONE」について記事にしていきます。

 

このご時世、給付金という言葉はよくテレビやネットで目にしますね。

特に皆さんが印象に残るものとしては、1人10万円支給された給付金ではないでしょうか?

 

今回ご紹介する「新型給付金ONE」では、メールアドレスを登録するだけで、毎月30万円以上もの給付金が一生振り込まれ続けるようです。

 

んー、正直にいって、胡散臭いというのが第一印象ですね・・・。

 

とは言っても、本当に毎月30万円ほどの給付金が支給されるのであれば、読者の皆さんも助かると思いますし、私だって貰えるのであれば是非いただきたいものです。

 

それでは早速「新型給付金ONE」について評判をまとめながら見ていきましょう!

 

特定商取引法に基づく表記

運営責任者 武田真一
住所 千葉県柏市桜台1-36
メールアドレス takeda@onedreamtak.com
表現及び商品に関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。
URL https://onedreamtak.com/rdpg/asra6381/

 

特商法の記載が少なすぎる件

情報が少ないですね。

会社名の記載がないので、個人で運営されている可能性が高いですが、実際のところはどうなのでしょうかね・・・。

 

そして問題なのは電話番号の記載がないこと。

メールアドレスのみでは、万が一のトラブル対応に遅れてしまう、あるいは対応できないといった可能性がありますが、電話番号を隠したい理由でもあるのでしょうか?

 

そもそも特商法は国が消費者を守るために、制定された列記とした国の法律ですよ。

 

特商法すら満足に記載されていないようなものは、ハッキリ言って信用できませんし、悪徳業者の可能性が非常に高いと私は思っています。

 

武田真一はどんな人物?

「新型給付金ONE」発起人である「武田真一」について調べてみましたが、残念ながら情報は出てきませんでした。

 

セールスレターには下記のように記載されています。

エンジェル投資家 33歳

学生時代から投資で3億円以上の資産を築いた天才。

その活躍は国内外を問わず、雑誌や映像等のメディアに取り上げられている。

近年はエンジェル投資家として、新興企業への資金援助を行っている。

また、好き放題をする政府に立ち向かい

個人と企業を救うために新型給付金「ONE」を起案する。

ONEでは既に279名のメンバーが月平均31万円を受け取り

多くの個人と企業が日々救われている。

冷静沈着な雰囲気とは裏腹に

政府への怒りとこの国の復興に対する熱い心を持つ青年。

 

新型給付金ONEの内容は?

メールアドレスを登録するだけで毎月31万円が一生振り込まれ続けるとのことですが、実際の受け取るまでの流れとはどのようなものなのか?

 

下記3ステップとなるようです。

・フォームよりメールアドレスを登録する

・配信されるONEのプロモーション映像を見る

・ONEの公式サイトに登録して給付金を受け取る

 

たしかに誰でも簡単に取り組めそうな流れとなっているようですね。

 

続いて、どうして毎月31万円もの給付金を支給することが可能となるのか?

 

そもそもこの「新型給付金ONE」は当たり前ですが、国から支給されるお金ではありません。

あくまでご自身でお金を稼ぐ仕組みとなります。

 

それではどうやって毎月31万円ものお金を稼ぐのか?

 

実にシンプルで、350社以上の企業の商品やサービスの紹介サイト上でご自身のメールアドレスを登録するだけとなっているようです。

さらにそれらの作業1回に掛かる時間は10秒程度とのことで、忙しい方でもスキマ時間を利用して取り組むことができますね。

 

その内容は政府に給付金の申請をするよりも遥かに簡単に行えるようで、メールアドレスを1回登録をすると、どうやら企業から謝礼という形で1件1,000円の報酬を受け取れるみたいですね。

そして1日に存在する案件は10~20件ほどとのこと。

 

つまり全ての案件を登録してしまえば、それだけで1日あたり1~2万円ほど報酬を受け取ることが可能であり、1ヶ月続けた場合は、最低でも30万円以上ものお金を稼げるわけですね。

 

なぜ登録するだけで報酬が貰えるのか?

それは企業が販売する商品やサービスの信頼性を得るためだそうです。

 

あなたがメールアドレスを登録することによって、その商品やサービスを「支持している」という扱いになり、例えば100名もの人が「新型給付金ONE」によって商品に対して登録をすれば、100名に支持されている商品やサービスということになるため。

多くの方に支持されている商品の方が、消費者も安心して購入することができるわけですね。

 

つまり企業から1件あたり1,000円の報酬を受け取る代わりに、企業に対して支持の姿勢をとることによって、登録者と企業がwin-winの関係を築いていけるので、このような仕組みとなっているみたいです。

 

口コミ・評判

実際の口コミや評判はどうなっているのでしょうか?

 

「新型給付金ONE」は2021年を迎えてから開始されたばかりですので、今現在では情報は出てきませんでした。

 

恐らく1~3ヶ月ほども経てば、それなりに口コミや情報などが出回ってくると思われます。

 

まとめ

今回は武田真一の「新型給付金ONE」について記事にしてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

私の予想としましては、恐らく稼げない可能性が高いと判断します。

 

そもそもの話し、特商法が満足に記載されていない時点で私は信頼する価値ないと思います。

とはいえ、それだけでは稼げないと思う理由としてはあまりにも少ないですし、読者の皆さんも納得しきれないと思いますので、その他にも私の感じた部分もお伝えしていきます。

 

先でも言いましたが、特商法に会社名の記載がないので個人運営の可能性が高いとお伝えしましたが、本当にそうだとしたら350社以上もの提携先があるのは不自然に感じるんですよね。

個人でそれだけの数の企業と提携するのって、厳しいと思います。

もちろん会社としてなら全然可能だと思いますが、仮にそうだとしても特商法に会社名を記載されていないわけですから、逆にますます怪しくなるわけです。

 

それに1日に存在する案件は10~20件ほどとのことでしたが、提携先が350社以上とはいえ、そんな多くの商品やサービスが作られるものでしょうか?

つまり毎日10~20件、毎月300~600件もの新しい商品を作っていることになります。

1つの商品を作成するだけでもかなりの時間とお金が必要になってくるわけですからね。

 

特商法に記載漏れがあり、提携先や実際に稼いでいる証拠も全くないものを信じろという方が難しいです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

-副業
-

© 2021 マネー情報局