情報商材 日経225先物

ナイツ2020 株式会社インフォシステムは本当に稼げる?

2020年12月7日

山本和彦

今回は株式会社インフォシステムの「ナイツ2020」について記事にしていきます。

 

日経225先物のサインツールとなります。

 

毎月115万4900円の利益が期待できるとのこと。

 

なんだか胡散臭く感じてしまいますね。

 

それでは早速「ナイツ2020」について評判をまとめながら見ていきましょう!

 

特定商取引法に基づく表記

販売会社 株式会社インフォシステム
販売責任者 山本和彦
所在地 〒676-0822 兵庫県高砂市阿弥陀町魚橋872番地の1
電話番号 079-020-7202
メールアドレス 2trade.jp@gmail.com
販売URL http://nights2020.main.jp/
販売価格 39,800円

山本和彦ってどんな人?

元ファイナンシャルプランナーで、投資生活14年目みたいです。

 

2007年から専業投資家となり、2008年に「沖縄移住投資家」というペンネームで活動されているそうです。

 

投資ソフトを開発したきっかけとしては、10ほど前に山本和彦自身のブログで売買結果を公開しており、投資情報を提供していたところから、投資ソフト開発会社からの問い合わせがあり、共同開発し提供するようになったことみたいですね。

 

残念ながら山本和彦の情報は見つからず、セールスレター内にある情報のみとなっています。

ナイツ2020とは?

謳い文句である「毎月115万4,900円」もどうして稼げるのかというと、2013年1月~2019年12月までの過去7年間のデータに基づいた成績で、日経225先物取引のラージ1枚(資金72万円)を取引した結果だからだそうです。

 

ナイツ2020の過去7年間の成績は、

 

・月間勝率 82勝2敗 97.6%

・日々のサイン勝率も 1200勝445敗 72.9%

 

また、100%の参入率となっているそうです。

 

ほぼ毎日100%の確立で「売り・買い」のサインが出るため、忙しくて時間がない方でも稼げるみたいですね。

 

資金72万円も用意できないという方のために、10万円の資金から始められるミニ取引もあり、資金7万2,000円あれば、ミニ1枚の取引が可能となっています。

ミニ1枚取引でも、ラージ取引の10分の1である11万円以上の利益が望めるそうです。

 

ちなみにナイツ2020のロジックは不明です。

 

1日5分の投資で稼げる?

どうやら1日たった5分の投資で毎月平均115万ほどの利益を期待できるようですね。

 

平日16:30~翌朝8:45の時間帯の夜間オーバーナイト取引で有効なサインを判定することにより、平日16:30前に新規注文を行い、翌朝8:45までに決済注文を行う。

 

なので、面倒な数値を入力しなくても、毎日のサインが判定され、投資をしようと思った日に投資ができるそうです。

 

流れとしては、

 

ナイツ2020ソフトを起動

 ↓

「データ自動取得」「サイン生成」をクリックでサイン表示される

 ↓

証券会社に注文

 

以上3ステップで完了となるため、1日5分で投資ができてしまうみたいです。

口コミ・評判

口コミ・評判①

評価している方のサイトを拝見するとどれも高評価ばかりでしたが、その数というのは少なく、すべてナイツ2020のLPにリンクが貼ってあることから紹介目的での高評価の可能性もあるのでよく注意したほうがいいかと思います。

引用:https://haruharuland.com/nights2020/#2020-4

口コミ・評判②

これだけ勝率が高く稼げるツールとLPでは表現しているのですが、評判や口コミは少ないです。

稼げるのが本当ならもっと情報は出回って話題になっているはず。

引用:https://hukugyo-life-go.com/naitu2020/#2020225-5

まとめ

今回は株式会社インフォシステムの「ナイツ2020」について記事にしてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

結論としましてはオススメしません。

 

まず信憑性に欠けます。

セールスレター内には、これでもかってほどに実績を載せていますが、そのどれもが証拠としては不十分です。

しかもテキストという酷さ・・・。

正直言ってこれなら、いくらでも自分の思い通りの実績を載せることが可能ですよ(笑)

 

こんなもの絶対に信じてはいけません。

 

実際に調べてみても、稼げたという評価は少なく、信用できそうな情報も見つかりませんでした。

 

それに販売価格が約4万円というのも気になります。

本当に毎月100万以上も稼げるのであれば、もっと高い価格設定にすると思いませんか?

仮に100%稼げるとわかっているのであれば、価格が10万でも100万でも私なら購入すると思いますし、読者の皆さんもきっと同じ意見だと思います。

つまり稼げる自信がない、もしくは何かしらの理由があり約4万円という破格の設定にしていると予想できます。

 

私としては、開発者である山本和彦はツール代で稼いでいる可能性が高いと疑っています。

 

以上の理由から購入しても稼げないと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

-情報商材, 日経225先物
-,

© 2021 マネー情報局